秘僥にあたっての僥L廝看

2020定4埖9晩

仟秘伏の峻さんへ

 峻さん。硫祇偏羨寄僥へのご秘僥、おめでとうございます。この4埖、云僥には僥何、寄僥垪栽わせて350兆を階える仟秘伏を哭えました。伉よりZ哭いたします。
 云栖なら、秘僥塀というをOけ、云僥の縮Tを兵め、硫祇偏L、栖e、云僥尖並によって峻さんのご秘僥をお哭えするところでしたが、ご贋じのように仟侏コロナウィルス湖半屏の寄がAいている彜Bでありますため、火廷ながら秘僥塀を嶄峭させていただきました。また、その瘁の定業兵めのオリエンテ`ションや娩Iさえも箭定とは寄きく`う侘になっております。鯛ち彭かない彜rのもとでの僥伏伏試の兵まりとはなりますが、縮T匯揖、畠薦でサポ`トさせていただきますので、その泣につきましてはご芦伉ください。ただし、湖半の嚠契には光徭でご勝薦くださいますよう、おいいたします。
 さて、寄僥での僥びというものは、互丕までのそれとは寄きく`う泣があります。それは、盾基の喘吭されていない}に函りMむことがあることです。これまでは、いかに屎盾に佩き彭くか、あるいはYのHにその屎盾を基えられるかという泣に薦を廣いでいたかと房います。しかし、弊の嶄にはまだlも盾いたことがない}がたくさん贋壓しておりますし、栽によってはこれまで屎盾とされていたものがgは云輝の屎盾ではなかったということもあります。また、屎盾が匯つではなく、}方の盾基が幣されることもあるのです。こうした}に函りMむには、尖の薦というものが駅勣です。}泣をつけ竃し、それを盾Qや盾苧するためには採が駅勣なのかを深え、そして^を鹿めるなどしてYをГ竃す。また、それを麿宀に{誼してもらうようにh苧することも駅勣です。房いつきやひらめき、あるいは薦にmるのではなく、匯つ匯つ尖をeみ貧げて深えなくてはなりません。もちろん、寄僥1定伏になってすぐにそれができるようになるわけはありません。4定gをかけて、じっくりとそうした薦を附につけてください。
 こうした薦をつける茶僥は、gはSしいものなのです。これまで、蒙に鞭Y茶というものにはどうしても仭い、逗しいイメ`ジがかったかと房います。しかし、云栖、僥というものはSしいものです。どうぞ、深えるという佩蕕修里發里Sしめるようになってください。仝Sしい々あるいは仝Sしむ々というZを燕すh忖は、仝らく々ともiめます。仝S┐蕕々というZには、エネルギ`をMするのを兀さえることによって、仭い欒屬舛篆爐靴欒屬舛ないようにするというようなイメ`ジがあります。揖じh忖を聞っていても、蒙に仝Sしむ々という嘖~を深えてみれば、もっと嬬啜帖eO議な吭龍が竃てきますね。坐Δ鬚けずに仝S┐蕕々をするのではなく、ぜひ僥をSしんでください。深えることをSしむことができる繁gは、匯伏撹Lすることができますよ。
 硫祇偏羨寄僥は、猟忖宥り、硫祇の巷羨寄僥です。そして、ご秘僥された峻さんを兵め云僥の僥伏は、レuや表からの圭が謹いのはもちろんですが、臼は臼今祇から掴は_Ihまで、晩云畠忽から鹿まっております。また、今翌からの藻僥伏もいます。まず、峻さんが云僥に秘僥してくれたことは、硫祇偏にとって匯桑の仇囃廚箸覆辰討い襪海箸鰔瞰Rしてください。しかし、それだけではなく、eO議に硫祇の瞬に怎を\んでください。硫祇のいろいろな侭に佩ってみましょう。硫祇のさまざまなイベントを僥、あるいは歌紗してみてください。そしてぜひ硫祇を挫きになってください。峻さんの絞_と曳べてみるのもよいかと房います。それによって絞_の來や蒙罿鮓弔瓩寅瞰Rすることがあるかもしれません。硫祇を挫きになることで、それぞれの絞_にする柧鼎發茲衂遒なるかもしれませんね。
 寄僥伏試では嗔繁との住送も寄並なrgとなることも謹いでしょう。これまでは、ある殻業除い伏試の嶄で圄った嗔繁たちとの住送であることが謹かったかと房われます。しかし、念峰のように、いろいろな侭から僥伏が硫祇偏羨寄僥に鹿っています。ことばの`い、奮べ麗の`い、あるいはTや深え圭までも`うことがあるかもしれません。どうぞ、これまでの徭蛍の械Rと`うものを倦協せず、むしろいろいろな泣や深え圭を簾Г垢襪茲Δ砲靴董△茲袒Nかな繁g來を圄てていってください。陶のない、レい勸を隔つようになることも、これからの寄俳な僥びです。2僥何3僥親の弌さな寄僥です。僥親や僥定をこえて住送をレげてみてください。
 參貧、峻さんのご秘僥にあたって、暴の房いを峰べました。個めまして、ご秘僥おめでとうございます。峻さんの僥伏伏試がgりNかなものとなることを畷廷いたします。


 冉鴬yabo郊利鞠村2定4埖4晩
  硫祇偏羨寄僥 僥L 儲g 吼

おい栽わせ

並嫋
0848-22-8311